言葉って一番器用なものであり、一番扱いが難しいもの。

話し手、受け手で解釈が全く違う時だってある。
それを考え出すと言葉がつっかえちゃう事もある。

でも、解釈次第とは言うものの、やっぱり話してみないと分からない。
言葉やコミュニケーションって、L字路ではなくて案外T字路なものだったり…。

不安を感じる片側の曲がり角があるなら、もう反対側にはきっと不安とは裏腹な解釈をしてもらえる道だったりするものだから。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket