今日は約5ヶ月ぶりに姉妹店の飯能のお店への応援要請を受け、出勤しました。

今や姉妹店に居る”育ての親”と呼ぶ先輩は1人しか居ないけど、店構えを見るとどこか面影を感じ、懐かしくも身が締まる思いでした。

でもやっぱり知っていた頃の面影はなりを潜め、変わりゆく店舗の雰囲気に少し寂しさも感じたり。

今の世界(ボディケアセラピスト)に入る時、初めて出勤したのはいつもの職場ではある入間市のお店ではなく、姉妹店でした。

その後もしばらく姉妹店で教育を受けつつの日々を送り…。

なので、立場上は姉妹店なのですが、

僕の中では始まりの世界です。

変わりゆく”始まりの世界”だとしても、

また同じ空気に触れられた事に喜びを感じる1日でした。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket