埼玉の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 埼玉支部】 渡辺 大悟 公式サイト

渡辺 大悟 プロフィール

心理カウンセラー 渡辺 大悟(わたなべだいご)のご紹介

渡辺大悟カウンセラー

Daigo Watanabe

【資格】
財団法人 職業技能振興会認定 ケアストレスカウンセラー

【趣味・特技】
○音楽鑑賞 ○映画鑑賞 ○PEANUTS鑑賞(おなじみ”スヌーピー”が登場するコミック)
○バイク(ツーリングスポットの紹介、お待ちしております)
〇ご飯(特に唐揚げとエビに目がありません)
○スポーツ(特に水泳が好きですが、とにかく体を動かすのが大好きです)

略歴

1989 埼玉県狭山市生まれ
2005 県立高へ入学するも、翌年3月、”働きたい”という思いで退学を決意
2006 退学後、大手ファストフード店にて勤務を始める。
2007 入社の翌年、マネージャータイトルを獲得。
タイトル獲得以降は時間単位の売り上げと闘いながら現場指揮。
2011 ファストフード店閉店に伴い、就職活動を行うも失敗、翌年2012年の春より、小学校教材を扱う出版会社の物流センターへご縁があり、3年半勤務。
2015 夏に、対人スキルを更に磨きたいと決心し、小規模デイサービス施設にて介護職員として勤務。
2016 対人スキル、職歴を評価していただき、レジャーホテルでの社員勤務のご縁をいただき、運営補佐とともにアルバイトさんのマネジメントも担当させていただく。
2017 くれたけ心理相談室(埼玉支部)開設。

心理カウンセラーを志したきっかけ

「人のこころの支えになりたい」
そう強く考えるターニングポイントとなった時期は、短い人生で2度ほどあります。

1度目は、大手ファストフードで勤務していた頃でした。
職業柄、高校生になったばかりの子が比較的多く、職場年齢はとても若い職場でした。
その頃、あるアルバイトスタッフさんから、学校の事や仕事でのスタンスに関して相談を受けたことがあります。
その子からしてみれば、何の気なしに相談をしてきたかも知れません。
ですが、聴いている内に前のめりになって話を聴いている自分、座り込んでじっくり話し出している相手が、そこにはありました。
そこでふと気付いたのが、「自分は人の話を聴くのが好き」という事でした。

その子の学校の悩みを聴いている内に、私が中学時代の事を思い出したこともありました。
と言うのもこの頃、大きな問題にもならず、比較的短い期間ではあったものの、同級生からのイジメを経験した事がありました。
今思えば笑って話せるくらいの出来事ですが、中学生の当時はとても思い悩んでいたものです。
私自身、”周りに相談が出来なかった”性格の子でした。
もしかしたらその子も相談が出来ない性格だったかも知れませんが、勇気を出して伝えてくれたと思います。

もう一つの機会が、家族です。
精神疾患と闘い続けてもう10年以上になる親が居ます。そのことを初めて聴かされたのが12歳の頃、小学6年生の時です。
子供心ながらに理解をして過ごしましたが、年を重ねるにつれて、親自身が抱えるこころへの負担の大きさ、日常への不安を間接的に思い知る機会にたくさん直面しました。
家族で闘い続け、24歳になる年の頃から、「人のこころを支える手助けをしたい、存在になりたい」と、強く思い始めました。
そんな時に出会ったのが、”心理カウンセラー”という言葉の存在でした。

昔から、人から相談される事が多くあり、それも”聴く”という存在を意識する、小さくも大きなきっかけになっていたと思います。
元々人と接する事、お喋りが大好きな私にとっては、相手の話を聴くということにたくさん得るものを感じています。

 

カウンセリングについて

聴く渡辺カウンセラーカウンセリングで私が心がけているものは、クライエント様ご自身が抱える”ストレス”を見つけ、またクライエント様自身もストレスと改めて向き合い、受け入れていただくことです。

“ストレス社会”と言われる昨今…
今や日常とストレスは切っても切れない関係と言っても過言ではありません。
ストレスの原因となるものを”ストレッサー”と呼びますが、
そのストレッサーに焦点を当て、ストレッサーをクライエント様と共に認識し、
ストレッサーを真っ向から受け止めるだけではなく、いわば”理解する”こころの余裕を一緒に作り上げたいと考えています。

私自身、日常で戸惑う事、焦る事、イライラしてしまったり…四苦八苦してしまう事がたくさんあります。
しかし、いくつになってもこれらの不安要素には必ず遭遇してしまうもの、と考えています。
選択を迫られる場面であったり、気が合わないと感じる人、物事が上手くいかないなど…
そういった場面や事態に遭遇した時、人間は”ストレス”を感じます。
ストレスは冷静な判断が出来なくなってしまったり、「これでいいや」と妥協点を早々に導き出してしまいがちになります。
ストレスの発散方法ではなく、ストレスを”理解して受け入れる”方法を一緒に見つけることが、クライエント様の新しい考え方を発見出来るきっかけになるかも知れません。

きっかけはあらゆる人に訪れ、またその大きさも様々です。
悩みや不安に大小は存在しないと、私は考えています。
「誰かに話してみようかな」
「自分以外の人の意見はどうなのだろう」
そんな疑問でも良いのです。
皆様のふとした思いから、ご縁は生まれます。
クライエント様のお話を傾聴させていただける機会こそ、お力になるご縁をいただくとともに、私自身の人生の糧にもなります。
昨日よりも今日、今日よりも明日、”目線”が広がるお手伝いをしたいと思います。

 

くれたけ心理相談室 渡辺大悟

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP