「限」りなき世「界」。

“限界”と聴くと自分の能力、物事の結果のように聴こえるけれど、

限界と感じるまで自分を突き詰められた、

限界と感じるまで物事を考えられた、

そう考えられただけでも充分。

 

この限りなき世界、終わりなんて無い。
だから”限界”感じても肩を落とさないで。

ご感想をお待ちしております!

次の記事

回想から発想。