ゆっくり歩きます。

今日は茨城に住んでいた母方の祖母の四十九日法要を行ってきました。
お通夜や告別式の時のような涙は、出なかった。

どちらかと言うと、暖かいこころのような。
せかせかしないおばあちゃん、でも物事はきっちりこなしていく。

きっとゆっくり歩いている事と思います。
でも、足取りはしっかり。

そんなおばあちゃんの写真を見ながら、何度か瞬きしてたら涙が出てた。
そしてフッと微笑んでみた。
悲しいわけではない、やっぱり暖かいこころのような。

私とおばあちゃん、いつまでも笑顔合戦(^^)

ご感想をお待ちしております!