昨日から今日にかけて、群馬県嬬恋村の万座高原ホテルへ温泉旅行に行ってまいりました。
“温泉旅行”と銘打って出掛ける事が実は今までなく、今回が初めての天然温泉でした(^^)

お天気は快晴…にはご縁がありませんでしたが、雨に濡れずに温泉を楽しむ事が出来ました。
万座高原の源泉は酸性泉だそうで、pH(ペーハー)値では草津温泉に次いで酸性値が高いそうです。

酸性値が高いため、ろ過装置は必要ないとの事。
さらに、酸性値の高さゆえに、お肌の古い角質を溶かしてツルツル肌に…なんて効果も大いに期待出来るとか。
まさに自然から湧き出る恵みを、人の手を加えずにいただく事が出来るんです。

今回行った万座高原ホテルで用意されている源泉は4種類の源泉に分類され、
姥湯、竜泉の湯、大苦湯、嬬取の湯と呼ばれる4種類の泉質があり、
それぞれで塩分がある源泉、酸性の強い源泉など、泉質がすべて違うそうです。
現地では”温泉ソムリエ”さんのオススメ入浴順も紹介されており、より万座温泉を楽しむための知恵が詰め込んであります。

1日に540万リットルが自噴しているそうですので、その量を取っても驚異的な”生命力”ですね。

残念ながら石庭露天風呂や各種温泉施設の写真はございませんが、
季節を問わずに楽しめる、どの季節に行っても楽しめる、
そんな素敵な自然の湯、是非堪能されてみてはいかがでしょうか(*^^*)

万座高原ホテル
〒377-1595
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉

源泉の流れる風景でご勘弁を…(^^;)

こちらも屋外の源泉にて。まるで小川のようです。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket