類友。

今日はちょっぴりお世話になってる方とお話をさせていただく機会があり、
そんな会話の中で”自己犠牲”という言葉がちょっと取り上げられた。

定義はちゃんとあるかも知れないけど、この場合の”自己犠牲”は、
「自分を顧みずに目の前の他人に何かをしてあげたいと思ったり行動する事」
で一致。

この自己犠牲、自分というパーソナルを超えた力を発揮出来ることもあるから面白いのです。
ただ、行き過ぎた”何かをしてあげたい”は”過保護”や”自己満足”になってしまうけど、
“相手に全力に”なる事の出来るスキルの一つ、とお互い捉えていました(^^)

根性論や精神論は、具体性のない言葉の代表格だけど、これらも時として力を発揮してくれるきっかけになる。

自己犠牲もまた、決してネガティブなものではなく、自分と他人を活かす素敵な要素なのかな、と思ったお話。

ご感想をお待ちしております!